安定収入のない主婦のキャッシングは難しい

主婦にもキャッシングを利用したい事情があります。今月はちょっとピンチだとか、急な出費ができたとか。そんなときに手軽に使えるキャッシングサービスがあれば便利ですよね。

消費者金融だけでなく、クレジットカードや銀行カードローンとキャッシングのサービスはありますが、主婦の場合は少し条件があります。フルタイムで働いている主婦なら旦那さんと同様に単独で利用できるでしょう。しかし、安定した収入のない専業主婦だと利用できないケースがほとんどです。

 

キャッシングの審査はスピーディーで、電話による在籍確認ができさえすれば申し込んだその日のうちに融資まで完結することも難しいことではありません。しかし、安定収入のない主婦の場合には申し込める場合でも配偶者貸付として夫の同意や年収証明書が必要になるのです。また、借りられる額も多くはありません。

 

主婦には貸金業法の総量規制がハードルに

20歳以上の立派な大人であっても、専業主婦だとキャッシングが難しいのはどうしてなのか。それは、貸金業法改正で多重債務者を生まないような規制が行われている結果の事象です。消費者金融などの貸金業については総量規制と呼ばれるルールがあります。全貸金業者合計で顧客の年収の三分の一を超えて貸し付けてはいけないことになっており、一定の額で年収証明のチェックを行います。安定収入のない主婦ですと、この調査や管理が割に合わないために、貸付対象にならなくなったともいわれています。

そして、夫自身のキャッシングだけでなく、主婦の配偶者貸付の場合でもこの制限を超えると審査はとおりません。ここでも、主婦は夫の収入に大きく左右されます。

 

ところが、銀行は貸金業法の対象業種ではないので、一部の銀行カードローンではこうした面倒もなくキャッシングできるものがあります。ただ、こちらも多額の借り入れは無理で、たいていは30万円までです。

 

主婦にはなにかと気になるところのあるキャッシングですが、借りるからにはかしこく使って損をしない立ち回りが重要ですね。

 

配偶者貸付の書類がないと主婦の即日キャッシングは無理なのか

主婦が即日キャッシングするときは、安定収入があれば良いですが、なければ配偶者貸付の書類を忘れずに準備しないといけません。ところが、専業主婦でも単独で即日キャッシング可能な方法があったのです。

キャッシングするときは、すぐにお金が手元に入らないと困るケースのほうが多いでしょう。それは主婦の場合でも同じですね。申し込んでから何日もかかるようではいざというときの役に立ちません。キャッシング会社もその辺りは心得ているので、審査に問題がなく手続きの不備さえなければ即日利用できるのは当たり前なのです。

 

それでは、主婦が即日キャッシングを利用する場合の注意点はなんでしょうか?

・キャッシングを利用できるだけの安定収入が自分にない場合は、配偶者貸付を扱っている業者を利用すること。

・この場合、配偶者の同意書と年収証明書が必要になること。

 

 

つまり、即日融資可能で配偶者貸付可能な業者を事前に調べておくことです。書類不備があったのでは即日は無理になってしまいます。

安定収入のある主婦であれば、書類不備に気をつけるくらいですね。

 

さて、主婦が即日キャッシングを利用する理由を考えたとき、旦那さんには内緒にしておきたいこともあるでしょう。自分だけの信用で融資を受けられれば問題ないですが、そうでないときは困りますよね。

 

内緒のキャッシングは銀行を使う手がある

実は、配偶者の同意も年収証明書も不要で申し込めるキャッシングサービスがあるのです。

一部の銀行が提供しているカードローンなら、安定した収入を持たない専業主婦でも申し込めるので、金銭的非常事態にも心強い味方となります。

ただし、収入のない人に融資するわけですから限度額は低く設定されます。たいていは30万円です。もっとも、30万円で足りないという状況は主婦がキャッシングしてどうにかなるものでもないでしょう。そうすると、30万円もあれば十分ということになりますね。

 

この銀行のキャッシングの場合も、即日現金を手にすることが出来ます。まずは、自宅からインターネットで審査申し込みをして、承認が出れば残りの手続きを最寄店舗で行って、現金を持って帰るイメージです。店舗での手続きも機械相手で終わる銀行がありますので、誰にも会うことなくキャッシングできます。