20歳未満の主婦は審査にとおらない

主婦がキャッシングを利用するときに気になるポイントのひとつが審査です。会社に勤めている兼業主婦であれば自分の給料から返済する能力が高いでしょうから、その点での審査の心配はないでしょうね。しかし、パート勤めで収入が少ない主婦や専業主婦の場合は審査にとおるか不安にもなります。

 

キャッシングサービスを提供している消費者金融やカード会社、銀行などでは、利用可能な人として20歳以上であることと安定した収入があることをあげています。

未成年者の場合は親など法定代理人の同意が必要であり、同意がなかった場合には、キャッシングサービスを利用したあとで契約を取り消すことができてしまうので顧客対象から排除されるのは当然です。安定した収入は返済に欠かせない基盤ですから、これも当然のことです。

 

では、20歳未満の主婦の場合は審査にとおらないのかと聞かれれば、20歳以上であることとしている場合の審査にはとおらないのが前提です。ただ、未成年者ではないこととしている場合には要件をクリアすることとなります。なぜなら、婚姻によって民法上の成年擬制が働いているので、たとえ20歳未満であっても成人として扱われるからです。とはいえ、現実には20歳以上と年齢で区切っている業者がほとんどですので、成年擬制を使える可能性は低いです。

 

専業主婦でも収入源があれば審査にとおりやすい

さて、次は安定した収入の問題です。20歳以上の主婦でパートやアルバイトでの収入が少ない場合や、収入自体がない専業主婦の場合には単独で審査にとおる可能性は低くなります。この場合、配偶者の同意書と年収を証明する書類を用意して配偶者貸付の審査を受ける手があります。ただ、配偶者貸付を扱っている業者は限られており、まったく収入のない専業主婦では一部の銀行を除いて受け付けさえされない可能性があります。

逆にいえば、専業主婦の場合でもなんらかの形で自分の収入を確保すれば、少額のキャッシングの審査であればとおる可能性が上がってくるといえます。