キャッシングの申し込みをすると在籍確認をされることはご存知ですね。主婦の場合でも在籍確認はあります。内容は普通の会社員の場合と変わらないものですが、下手に出ると厄介なことになりかねません。

 

在籍確認電話は時間帯を考えてもらおう

キャッシングの申し込みをするときに、ちょっと面倒だなと感じるのが在籍確認かも知れません。主婦の場合の在籍確認も会社員の場合と同じように行われます。パート先、アルバイト先に電話をかけて「佐藤と申しますが、山田さんをお願いします」などと、自然な感じで話すだけです。通常であれば、本人不在時の電話で「本日はお休みです」などの応答があれば在籍確認は終了ですので手間はかからないです。

とはいっても、自分が在籍していることを知らない別のパートさんが電話に出るかも知れません。「山田なんて人はいません」と言われたら先に進まないので面倒ですね。そんな状況にならない時間帯を見計らって在籍確認が行くように考えることも必要です。

 

また、本人がいる場合には電話で担当者と話すことになります。在籍確認の電話で本人に聞かれるのは、名前くらいのものです。山田花子さんですかときかれて「はいそうです」と答えるだけ。簡単ですが、簡単すぎて周りから不振がられる可能性はあります。業者によってはここで申込者に氏名や生年月日まで答えさせることがあります。まわりの人から見ればおかしな光景ですね。そうすると、やはり自分がいないときに在籍確認の電話をしてもらうのが良いでしょう。

 

在籍確認が不安なら担当者に相談すること

もうひとつ、在籍確認の電話で気になるのが、キャッシングの申し込みをしたことがばれることですね。いくら個人名での電話だといっても、従業員宛に個人から電話がかかることが珍しい職場の場合には、在籍確認ではないかと思われる可能性があります。もし、後日出勤したときに聞かれたら、勧誘じゃないのとでもいっておけば良いでしょう。ただし、銀行の場合は行名を名乗って電話をかけることがあります。

 

ところで、主婦の在籍確認といえば、同意書を出している旦那さんの会社に在籍確認があるのではないかと思うところです。しかし、実際にはその心配は無用のようです。同意がある以上は申込者である主婦本人の在籍確認さえとれれば問題はないということですね。ちなみに、在籍確認のしようがない専業主婦の場合には本人に電話をかけて間違いがないかを確認します。

 

主婦の在籍確認で不安や疑問点がある場合は、担当者に問い合わせておくと良いでしょう。