キャッシングの審査時間は審査そのものの時間よりも前後の時間が問題です。主婦なら、審査前後の時間をうまくコントロールできるかも知れません。

 

審査時間は申し込み方法で変わる

主婦がキャッシング申し込みをした場合、審査時間はどのくらいかかるでしょうか?

申し込みのしかたによってはかなり審査時間に違いが出ます。実際の審査そのものにかかる時間は同じであっても、審査するための段取りと審査結果を知る段取りが大きく違うということですね。

 

店頭申し込みの場合

主婦が最寄の営業店を訪れて受付の担当者にキャッシングを申し込みたいと告げた場合、簡単なアンケートか口頭でいくつかの質問をされ、収入要件が合わないなど貸し出しが確実に無理であるポイントが確認できれば、その時点でお断りされることになります。

 

そうでなければ、申込書に記入して審査を待つことになります。そのときの状況にもよりますが、10分前後で結論は出るでしょう。業者の説明では最短30分が多いようです。

借入までトータルの時間で考えた場合では、店頭申し込みの審査時間がいちばん短いといえます。ただし、必要書類を持っていなかったりすると出直さなければならないのがデメリットです。

 

いつでも申し込めるから早いというわけでもない

インターネット申し込みの場合

インターネット上で24時間いつでも申し込みが出来るサービスを導入している業者は数多くあります。誰にも会わずに好きなときに申し込めるので非常に便利です。ひとつ注意したいのは、24時間申し込めるといっても、パソコンの向こう側で担当者が待ち構えているわけではないことです。夜間の場合は申し込み受付だけで、審査は翌日ということもあります。

 

郵送申し込みの場合

所定の申込用紙を入手して、必要事項を記入して郵便で送る申し込み方法があります。この方法は店舗に出入りするところを他人にみられたくない人で、インターネットがうまく使えない人には便利な手法です。しかし、圧倒的に時間がかかることは間違いないですね。

 

こうしてみると、時間の融通をつけやすい主婦であれば、店舗へ出向いて窓口か自動機で手続きするのが早いのではないでしょうか。申し込みだけネットを使って、審査結果を見てから出かけるのが効率的ですね。