消費者金融のレディースローンは普通のキャッシングより主婦に有利な部分があるかも知れないと思うところですが、男性と接しないですむくらいしかメリットはないようです。

なぜレディースローンがあるのか

消費者金融が主なターゲットとしているのは主婦ではありません。というより、あまり経済力がない人が多い主婦は儲からないと考えられているかも知れないですね。安定収入がある主婦は営業対象になっていますが、その人は主婦としてではなく職業従事者として考えられているのでしょう。

 

そんな中でも、主婦を含めた女性向けのレディースローンというものがあります。

普通のキャッシングサービスとレディースローンは何か違いがあるのでしょうか。レディースローンには、男女とも利用できる消費者金融がサービスのひとつとして設定しているレディースローンと、男性には貸し出ししない消費者金融のレディースローンがあります。

 

男女とも利用できる消費者金融が、わざわざレディースローンを用意する理由は、男性担当者と向き合ったり話をしたりするのは嫌だという女性客がいるからです。企業としての顧客満足度をあげる施策といえるでしょう。いってしまえば、それだけのために用意されているわけです。しかし、それだけのことであっても、女性にとっては重要なことです。

 

女性だけで気持ちよく利用するならレディースローン

ただ、残念なことに男女兼用キャッシングでもレディースローンでも、会社が同じなら大した違いはありません。細かいサービスに違いがあるのかも知れませんが、肝心の条件面では差はないようです。レディースローンしかない消費者金融なら主婦にも得がありそうな気もしますが、残念ながらそういう話はきかないですね。審査が甘いという噂も根拠がわかりません。

 

このように、消費者金融のレディースローンは女性客の男性とは接したくないという願いを叶えてくれるサービスですから、仮に少しくらい条件が悪くてもレディースローンを選ぶという考えもあるでしょう。条件は大事ですが、精神的な面も重要です。

しかし、主婦の場合にこれをどう考えるかは難しいかも知れません。大事な家計を預かる身ですから、男性担当者が嫌だから条件が悪くても良いといっていられるかですね。もっとも、レディースローンの条件が悪いということもないようなので、あとは好みの問題ということです。