安定した収入のない主婦がキャッシングをすることは簡単ではありません。まとまった額になると、初めから夫・旦那に借りてもらうのが現実的な選択になります。

主婦がキャッシングする理由はさまざまだけど

主婦がキャッシングする理由として考えられるのは、生活費が足りなくなったとか、急病でまとまった医療費が必要になったとかでしょうか。これ以外だと、独身時代の感覚が抜けないで浪費してしまっているケースがあるようです。また、考えたくもないですが、不倫して相手の男に貢ぐためのキャッシングなんて話もあります。

 

生活費が足りなくなったにしろ、医療費の問題にしろ、夫・旦那の収入で間に合わなかったということですから、主婦がキャッシングしなくても夫・旦那がキャッシングすればすむ話ではあります。いわば家計の問題ですから話せば良いことです。そうでない場合は夫・旦那に話すわけにはいかないですが、話さないわけにもいかないかも知れません。

 

ほとんどの消費者金融では、安定した収入のある主婦には貸し出しをしますが、そうでない主婦には貸し出しをしません。無収入の主婦にも貸し出しをする業者があったとしても、誰もが名前を知っているような大手ではなく、中小と呼ばれる業者の一部です。

会社の規模だけでどうこうと判断は出来ませんが、名前を知らないところとの取引は二の足を踏むという人もいます。

 

結局は夫・旦那の収入が決め手になる

また、この場合でも夫・旦那の収入があることが前提で同意を必要とし、年収証明書を求めてくる業者があります。それすら不要という業者は非常に少ないのが実情です。しかも、どちらも貸し出す額は多くないでしょう。それとは別に、銀行のカードローンの中には、専業主婦でも申し込めるものがありますが、こちらも借り入れできる金額は多くはありません。

 

つまり、二馬力で働いている共稼ぎ主婦なら別ですが、そうでないならまとまった額のキャッシングは夫・旦那の収入を抜きにしては考えられないということです。定職に就いている夫・旦那であれば、その他の状況にもよりますが、まとまった額を借り入れることが可能でしょう。ただし、消費者金融の場合は全社あわせて年収の三分の一までという規制がありますので、あまりに過大な期待は出来ません。借りすぎて払えないという事態を防ぐためです。